多くのメリットが得られる気軽で便利なサービスを賢く利用しよう

申請する

省エネ住宅ポイントの申込手続きには対象期間があります。もし申し込みを行ないたいのであれば、この部分をしっかりと確認する必要があります。
工事請負契約を行なった日や建築着工の日、工事完了などのはっきりとした日付などが必要になってくるので、しっかりと確認してから申請を行なうようにしましょう。
分譲住宅の場合は不動産売買契約なども飛鳥になっているので、申請前にしっかりと確認しておく必要があります。
申請を行なう際にもポイント発行申請期間などがあり、ポイント交換申請期間などがあるので、いつでもすぐにポイントの交換ができるわけではないということを知っておきましょう。
工事完了前にポイントの発行申し込みを行なえば、即時交換と言ってリフォームのグレードアップなどができるようになっているので、新築などで建てる方などは即時交換などを利用する事ができるようになっているので、賢く省エネ住宅ポイントを利用しましょう。

省エネ住宅ポイントの申請には4つのタイプによって申請の方法が変わってくるので、自宅の申請方法に当てはまる方法で申請するようにしましょう。
また、申請期間を過ぎてから申請してもポイントを発行してもらえないので、しっかりと自分で申請の期間を調べてから早めに申請するようにすると慌てることがないので、早めに申請を行なっておきましょう。
省エネ住宅ポイントの場合は、工事が完了してからポイントを発行するタイプのものと、分譲事業者予約、完全購入するタイプなど、住宅の購入方法などが変わると省エネ住宅ポイントの発行申請の方法も変わって来ることになります。